2009年03月27日

夢の激突は、今夜!

今日の金曜ロードショーはファン必見!



ルパン三世vs名探偵コナン!!


映画化してもそこそこ話題になりそうな、
この夢の競演!


コナンの宿敵と言えば怪盗キッドですが、
まさかのジョーカー、ルパン三世をぶつけてくるとは…


逮捕か!?
逃亡か!?
決着はいかに!?
posted by rai at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

10月18日「情熱大陸」について

学生の時の話です。
日曜日の夜といえば、22時からTBSで「ウルルン滞在記」→「情熱大陸」→「世界遺産」を立て続けに見るのが決まりになっていました。
ある意味、1週間で一番贅沢なひと時だった気もします。

しかし今や「ウルルン滞在記」が終了し、「世界遺産」は夕方の時間帯に移ってしまいました。

何となく「情熱大陸」だけ見るのがつまらなくて、ずっと敬遠してきたのですが、先日18日、たまたまあちこちとチャンネルを変えていたときに「情熱大陸」の放送をしていました。


でそのときに、取り上げられていたのが・・・



幅允孝(はば よしたか)さん。
肩書きは・・・『ブックディレクター』

初めは編集者の人かな?と思っていたのですが、よくよく見てみると実は違う。
彼は「本のソムリエ」または「本棚編集者」なのです。


彼の仕事は、コンセプトやテーマにそって本を選び、本棚にレイアウトすること。
お店はもとより、病院、ホテルなどのギャラリーやブックコーナーにテーマに沿った本を集めて、それをいかにお客さんの手にとってもらえるようにレイアウトするかを考えるお仕事のようです。

本を作るのでもなく、売るのでもなく。
でも本を仕事にしている人なのですね。



放送を見て、思ったのはとにかく本に関する知識がすごい!
御自宅も映っていましたが、本棚は本だらけで、5000冊は所有されているそうです。
絵本から、雑誌、漫画まで、気にいったものは残す主義らしいのですが、選り好みして本を読む僕とは大違いだなと痛感しました(笑)






で、なぜ今回この記事を書いたかというと、放送を見て一個目からウロコが落ちた、感動したことがあったのです。



彼が放送中最後に3冊の本を紹介してくれました。
その中の1冊に「就職しないで生きるには」という本がありました。


彼が解説するには、


「仕事をせずにどうやって生きて行くのか」、ということではなく、


「今していることを、どうやって仕事にするか」ということを書いている本だそうです。



はじめ本棚をレイアウトすることが仕事になるのか?と思いました。純粋に・・・。
誰も他にしてる人はいないでしょう。
でも彼はそれを仕事にしたんですね。

その本は彼らしいチョイスと思いました。



何か就職活動とかしていたときのことを思い出して、こういった考え方にもう少し早く会ってれば、ほんの少し、自分の未来の方向も変わったような気がしました。



「今していることを仕事に」

未来が無限に広がりそうな言葉です。










詳しくはこちらをどうぞ。続きを読む
posted by rai at 11:15| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

NHK大河ドラマ【篤姫】

miyazaki_aoi_02.jpg


1月6日スタートのNHK大河ドラマ【篤姫】についての紹介です。
単に、宮崎あおいさんのコアなファンゆえの紹介で、それ以上のことは特にないです。



【篤姫とは・・・】

篤姫は、薩摩・島津家の分家に生まれながら、江戸幕府の第13代将軍・徳川家定(いえさだ)の正室となった女性です。
しかし、病弱だった家定は嫁いでから約1年半後に亡くなり、篤姫はわずか23歳で落飾して「天璋院」と号します。

将軍の跡継ぎをめぐる幕府内の凄まじい抗争、さらには、篤姫の故郷薩摩を中心とした反幕府運動の激化・・・。
篤姫は大奥を預かる総帥として、明治維新の動乱の中、嫁ぎ先である徳川宗家のために、そして日本のために力を尽くしました。

また、江戸城に迫りくる西郷隆盛ら薩摩藩を中心とした新政府軍に働きかけ、無血開城の実現にも大きな役割を果たしました。
明治維新後は、徳川宗家を継いだ家達(いえさと)らの教育に専念し、未来の日本を支える人材の育成に心血を注ぎました。


【キャスト】


■主演■

宮崎あおい…篤姫


■徳川家の人々■

堺雅人…徳川家定

篤姫の夫。
徳川第13代将軍。



堀北真希…和宮

孝明天皇の妹。
篤姫の義嫁。
「公武一和」という政略のため将軍・家茂に嫁いだ。



松田翔太…徳川家茂

徳川第14代将軍。
公武合体政策のため天皇の妹である和宮と結婚。



■江戸城大奥の女性たち■

松坂慶子…幾島

篤姫付き老女。



稲森いずみ…滝山

大奥御年寄り。
家定、家茂、慶喜の3代にわたり、1000人を越える大奥女中の総取締り役をつとめた。井伊直弼の大老就任にも力を振るったと言われ、篤姫とは激しく対立することになる。



鶴田真由…お志賀

将軍家定の側室。
家定が唯一心をゆるした女性であるお志賀の存在を御台所になるまで知らなかった篤姫にとって、たいへんなライバルとなる。



高畑淳子…本寿院

将軍家定の生母。



高橋由美子…唐橋

篤姫付き老女。
慶喜の将軍擁立失敗の責任をとって大奥を去る幾島に代わり、篤姫付きとなって幕末の大奥を支えた。



■京都の人々■

東儀秀樹…孝明天皇

幕府による攘夷の立場をとった。



星由里子…村岡

右大臣近衛忠熙に仕える老女。
「安政の大獄」で捕らえられ、処罰された。



若村麻由美…観行院

和宮の実母。
和宮とともに、江戸城大奥に入る。



中村メイコ…庭田嗣子

和宮付きの女官。
孝明天皇の信頼あつく、和宮降嫁に際して、和宮付きを命じられる。



■薩摩江戸藩邸の女性たち■

余貴美子…英姫

篤姫の義母。



佐藤藍子…小の島

薩摩藩江戸屋敷老女。



■幕末の政治家たち■

平 岳大…徳川慶喜

徳川第15代将軍。
篤姫は、養父斉彬から慶喜を次期将軍とするように大奥で政治工作をするように命じられる。



草刈正雄…阿部正弘

老中首座。斉彬と親しく、篤姫を将軍・家定の御台所とすることに尽力する。



辰巳琢郎…堀田正睦

老中。蘭学を非常に好み、「蘭癖(らんぺき)」と呼ばれた。開国論を主導し、阿部のあとを継いで老中首座となった。



中村梅雀…井伊直弼

大老。
伝統と血筋を重んじて家茂を将軍に推した。



玉木 宏…坂本龍馬

薩長同盟を成立させ、明治維新を推し進めた幕末の志士。



市川実日子…お龍

坂本龍馬の妻。



江守 徹…徳川斉昭

「御三家」の一つ、水戸徳川家の前藩主で、徳川慶喜の父。



北大路欣也…勝海舟

幕臣でありながら、徳川幕府の終焉を予見していた。



■語り

語り…奈良岡朋子




なかなかのキャスティングだと思います。
玉木宏と北大路欣也が良さそうですね。


よろしければ、見てみては??






NHK公式ページはこちら
posted by rai at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

色取忍者

土曜日の夜に家にいることが久しぶり。
ということで、久々に「めちゃイケ」みました。

《しりとり侍》《数取り団》につづいて《色取忍者》というコーナーしてましたが、おもしろいですね♪
罰ゲームはやや地味ですが、ゲームの難易度が高く、前回高い勝率を誇っていた矢部が負けているのが、意外です。

今回は・・・。

濱口が《肌色のスポーツ》という天然なお題を出してましたが、その答えが《相撲》だという(笑)
少しの間、はまりそうそうです。
posted by rai at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

ガンダム芸人

最近、『アメトーーク』をよく観ます。
ここ最近一番おもしろかったのが、先々週の《ガンダム芸人vs越中詩郎芸人》

ガンダムが大好きな芸人たちとレスラーの越中のことが大好きな芸人とのプレゼン対決なのですが、越中さんおもしろすぎ(笑)


詳しくはこちら
posted by rai at 10:10| Comment(2) | TrackBack(1) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。