2008年11月30日

いざ、古墳!

ども。
11月も今日で終わりです。


最近、今までにも増して
新聞をよく見る様になりました。


年齢のせいでしょうか?
大人の階段を少しずつ
登っているのでしょうね・・・。


最近の記事によると
不景気の影響から、
内定が取り消される
学生さんも全国で
300人以上くらいいたとかで、
来年以降、
再び氷河期になりそうですね。


学生さんは、今の内から
やるべきことをしっかり
準備して、春からの活動に
臨んでほしいものです。




さて、今日30日、
大阪の堺市で、
現在、宮内庁と堺市が共同調査を
行っている御廟山古墳の一般公開が
ありました。


2008113010510000.jpg


はい、歴史マニアの僕も
早朝から出向いてきました。


昨日29日と今日30日の
2日間で、先着5000人しか
見れないとのことなので、
8時半ごろ現地に着く様に
家を出たのですが、
整理券を配る会場にはすでに
長蛇の列ができていました。


堺市には、かの有名な仁徳天皇陵があります。
しかし、その周辺にも多くの古墳が点在しており、
現在、百舌鳥古墳群として
ゆくゆくの世界遺産登録を
目指しているとのことです。



2008113010370000.jpg



その百舌鳥古墳群で4番目の規模の古墳が
今回公開された「御廟山古墳」

はっきりしてないそうですが、
仁徳天皇の后妃の墓地なのではと
予想されている古墳です。



2008113010350000.jpg

今回の公開は堀にかかった橋を渡り、
古墳の周囲に作られた仮設通路をぐるっと
一周歩くもの。


皇族関係の墓地、墓所は宮内庁の管轄のため
一般の人間が足を踏み入れる
機会は非常に稀。



2008113010300001.jpg


上は出土した円筒埴輪。
円筒形のものがそれです。


古墳がそのほとんどが三段構造。
それぞれの壇にはびっしり埴輪が
敷き並べられているそうです。



時間としては15〜20分程度で
見終わりましたが、
1600年前のものが
こうして残っている現場を目の当たりに
できて非常に有意義でした。


今回は固い記事で、すいません(笑)
今日限りで中には入れませんが、
堀の外側からはいくらでも
中が見れるので、一度堺市を
訪れてはいかがでしょう?


posted by rai at 14:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

『夜のピクニック』

ども。
いよいよ2008年もあと1ヶ月
と相成りました。
早いものですね・・・。


まだ少し先の話だ・・・
と思っていた2011年の
TVの地上デジタル放送化も
いよいよ迫ってきたかなと思います。


僕は昨年、ボーナスをつぎ込んで
早々とSHARPのAQUOSを
購入しました。


今買えば半額近く安くなっているので、
時期を早まったなぁと後悔半分ですが、
良いことと言えば、
BS放送なんかの衛生放送が、
見れるのは利点の一つかなと思います。


最近その利点を活かして、
深夜枠の映画番組やドラマを
夜更かしして
見るようになったのですが、
昨晩放送していた作品を
1つ御紹介しようと思います。


テレビの放送前に紹介したらば、見れたのに!!
とも思えますが、
あしからず・・・DVD・ビデオで
御鑑賞ください(笑)




323801view002.jpg


『夜のピクニック』   2006年公開


原作 恩田陸
監督 長澤雅彦
出演 多部未華子/石田卓也 /郭智博 /貫地谷しほり /加藤ローサ




☆★ストーリー★☆


高校生活最後の伝統行事「歩行祭」
それは24時間かけて80キロを歩きとおす学校行事。


甲田貴子(多部未華子)は、
この行事中に一度も話したことのない
クラスメイト西脇融(石田卓也)に
話しかけようと密かに決意して臨んでいた。

それは、単なる恋心からではなく
どうやら複雑な事情がある模様・・・。


実は2人は異母兄妹の間柄。
そのことは誰にもいえない秘密だった。


一方、お相手の融も貴子を意識しながらも
近づくことができない。


そんななか事情を知らない友人たちが
勘違いして、2人をくっつけようと
告白をけしかける。


ゴールがだんだんと迫るにつれ、
貴子の焦りも徐々につのっていく。


貴子の決意は実るのだろうか??



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


原作は、全国の書店員が選ぶ
第2回本屋大賞を受賞した、
恩田陸の同名ベストセラー小説。


24時間かけて80キロを歩く学校行事を通し、
高校生の友情や葛藤を描く青春ドラマです。


主演は多部未華子。
ポスト宮崎あおいとも呼ばれる
急成長株の女優さんです。

あくまで個人的な意見ですが、
顔はそこまで美人な女優さん・・・
と言う感じではないです。
高校のクラスに1人はいそうな感じの
女の子といった感じの子。

ただ一本、すっと芯が通っていて
透明感のある
独特な存在感のある役者さんだなと思います。

今作では、
なかなか話しかけれない貴子の
ドギマギした感じや不器用な感じが
上手くでていました。


脇を固める役者さんも
『蝉しぐれ』の石田卓也、
『花とアリス』の郭智博、
『スウィングガールズ』の貫地谷しほりなど、
期待の若手俳優たちを揃えています。



単に歩くだけをひたすら追い続け、
大きなことは何も起こらない映画。

実際、退屈と紙一重です。
淡々としたストーリーですしね。


しかし、
それはただ高校生の姿をそのまま追いかけ、
映し出しているからと思います。

貴子と西脇をくっつけようとする友人たち、
西脇を誘惑する典型的ブリッコ系女子高生、
すぐに歩き疲れて音を上げる男子たち・・・

クラスにいませんでしたか、こういう子たち??


こういった高校生のありのままを
映しているからこそ
そのなかにある青春の恥ずかしさ、
そして歩き続ける中で自分と向き合い、
成長していこうとする姿が
清々しく映ります。


高校を卒業して数年、
僕もすっかり大人になってしまいました。
だからこそ、こういった学校行事が
貴重な時間であったこと、
友達と交わす意味のない会話、
ただゴールを目指してみんなと歩き続けることで
生まれる仲間意識や達成感など、
二度と味わうことのできない貴重な時間に、
懐かしさを感じ、
甘酸っぱさが甦り、
羨ましさを覚えます。


高校生のときでなく
大人になった今、見て、
色々考えさせられた作品でした。







posted by rai at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD・ビデオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日

22日公開

昨日に続きまして、
ども。


今年いっぱいは映画館で
働いている僕です。


前回の職場の映画館は
学生さんが多く、
職場の雰囲気としては、
ノリが軽くて、活気があり、
仕事を楽しもう
という感じにあふれていました。


しかし今の職場は、
僕より年上の方、特に女性が多く、
さらに言ってしまうと主婦の方が
結構幅を利かせています。


で、陰口や悪口があちこちの
集団で飛び交ってて
雰囲気がかなり陰鬱です。

男にとっては、
女性特有の見てはいけない
一面なのでしょう。
どうも僕はなじめないので
困っています・・・。


男同士の方が、
さっぱりしていていいですね。
やはり・・・。






さて、私事は置いておいて
話題は変えましょう。
今日22日からは、


『私は貝になりたい』
ブラインドネス
トロピック・サンダー/史上最低の作戦
1408号室』・・・etc


が公開になってます。

上から3作品はテレビCMなんかで
見かけられた方もおられるでしょう。

馴染みがないのは『1408号室』でしょうか?
ホラー映画ですね。
泊まってはいけない部屋・1408号室。
泊まると死ぬと言う・・・
さて何が起こるのか?て感じの話的には
よくありそうな映画です。
御興味ある方はサイトを見てください。


で、今日関わった
『私は貝になりたい』
のレビューです。



main111.jpg


私は貝になりたい』   本日公開


遺書・原作・題名:加藤哲太郎[狂える戦犯死刑囚]
監督:福澤克雄
音楽:久石譲
出演:中居正広/仲間由紀恵


SMAP中居くんが、
月曜の「笑っていいとも」ゲスト出演
することでも話題の主演作。



「戦犯容疑で逮捕します」

その言葉は、まさに青天の霹靂。
高知の漁港町で理髪店を開業していた豊松は、
女房の房江と一人息子の健一と決して豊かではないが
なんとか暮らしていた。

戦争が激しくなると、
ついに豊松にも赤紙が届いてしまう。
やっとの思いで戦地から帰り、
家族も増えこれからというときに
豊松を待っていたのは、
逮捕そして裁判の日々…。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


今日は3連休の初日ということも
あってか、動員自体はかなり
控えめでした。

恐らく・・・コケルというような
内容の映画ではないと思います。
話題性もありますし、
明日以降は少し混みあうと思います。


戦後60年。
だんだん戦争という存在が、
薄れ、遠のいていく世の中です。

僕も含め若年層が
「戦争」を見て、知っていかねばならない
と思います。


映画という作り物ですが、
こういう媒体を入り口に
するのも手段の一つだと思います。
機会があれば
ぜひどうぞ。



P.S. 朗報です!

この作品はBouz(坊主)割引というのがあります。

坊主頭の方は1000円で鑑賞が可能です。
チケット売場でお申し出下さい。
注 この割引はあくまで自己申告のようです

坊主頭の定義は微妙ですね(笑)
髪の毛の薄い方やスキンヘッドの方は
坊主頭に入るのでしょうか?
我こそは・・・
という方は、ぜひ一度試してみて下さい(笑)











続きを読む
posted by rai at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

ご報告

ども。
「always 続・三丁目の夕日」を
観がてらの記事投稿で失礼します。


ここ数日、
かなり寒かったですね。
風邪などひかれてないでしょうか?


インフルエンザもすでに猛威を
振るいつつあるとかないとか・・・
今年ももう少しなので、
お体には気を付けて、
よい年末年始へと向かって下さい。



さて今日はささやかな記事を少しばかり。



阪急西宮ガーデンズ


11月26日(水)ですが
阪急西宮ガーデンズという
大型商業施設がオープンします。

阪急の西宮北口駅の
阪急スタジアム跡地に出来てます。

思えば僕が学生時代から着工の話が
出てましたが、本当に出来ると思いませんでした(笑)

そのなかに出来た
TOHOシネマズ西宮OSは
関西最大規模のシネコンになるようです。

僕が学生の時に出来てくれてれば、
もう少し学生生活にも幅が出来たのにと
後悔の念もありますが、
西宮には特別な想いもあるので
活気づいてくれればいいなと思います。

クリスマスシーズンに向けて
神戸方面へ足を伸ばす方も
おられるでしょうが、
ぜひ西宮で途中下車して
みてはどうでしょうか?



12月公開映画


先日「WALL・E」を薦めましたが、
注目している映画を軽く書きます。


K20_main1.jpg


K−20 怪人二十面相・伝』   12月20日公開

原作:北村想(「完全版 怪人二十面相・伝」)
監督:佐藤嗣麻子
出演:金城武/仲村トオル/松たか子


舞台は、架空都市≪帝都≫
19世紀から続く華族制度により、
極端な格差社会が生まれ、
帝都の富の9割がごく一部の特権階級――華族に集中していた。
そんな中、
富裕層のみをターゲットとし、
次々と美術品や骨董品を
魔法のような手口で盗んでしまう≪怪人二十面相≫
通称“K−20”の出現が世間を騒がせていた。


サーカスの曲芸師・遠藤平吉は、
ある日サーカスを見に来ていた紳士から、
羽柴財閥の令嬢・羽柴葉子と名探偵・明智小五郎との
結納の儀に潜入し、
写真を撮ってきてほしいとの依頼を受ける。
報酬につられ了解した平吉だが、
それは二十面相の罠だった――。


罠に落ちた平吉は、濡れ衣を晴らせるのか?!
アクション万才!痛快ムービー!



あとはキアヌ・リ−ブス『地球が静止する日』
レオナルド・ディカプリオ『ワールド・オブ・ライズ』
にも注目中。
また書ければ改めて記事にします。



合同Pについて


先日、盟友Rachelsさんと話がまとまりました。
08年の合同Pを打診したところ、
やる、という旨の記事が書かれていたので
ほぼ間違いないでしょう。


内容などはまだこれからですが、
共通のテーマで書くか、
以前のようにランキング形式で
お互いの書きたい分野のことを書くか・・・
という感じになるのでしょうか?

また気が向いたら見て下さい。







続きを読む
posted by rai at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

FA

ども。
私事ですが、来月にやっと
携帯電話の機種代の分割支払い
が終わります。

やっとを終わった〜・・・
と思ったや先に、
ドコモの新機種の発売・・・

やっぱりどんなに多機能機種でも
1年使えば飽きるわけで
新しいのが欲しくなるんですよね・・・

お金ないので買えないですが、
やっぱいいなぁと思います。



脱線しましたが、
今冬のプロ野球FAの話です。


FA権行使の申請が
今日18日で締め切られたようで、

巨人の上原浩治選手、
中日の川上憲伸選手、
横浜の三浦大輔選手と
各球団のエース級が3名、

中日の中村紀洋内野手、
横浜の相川亮二、阪神の野口寿浩両捕手、
広島の高橋建投手

の4名を含めて計7名が行使することに
なったようです。



やはりエース級3名の動向が
気になるところですね。

上原、川上両投手はメジャーでしょうか?
我等が阪神タイガースは川上投手の獲得
に乗り出すとのことですが、
どうなのでしょう?

阪神と言えば、野口捕手のFAは
少々痛いところ。
正捕手の矢野選手も40歳とのこと
なのでフル出場は難しいでしょう。


捕手をいかに獲得していくか、
またエース級投手の動向含めて
注目しようと思います。



posted by rai at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。