2008年10月25日

『あわせ鏡に飛び込んで』

ども。
あいにくぶらぶらしてる僕です。
ずっとお世話になっていた映画館を辞め、また違う映画館で勤務する・・・と以前書きましたが、実際にそこで働き始めて早2週間が経ちました。
今は売店で、お客さんに飲食物の提供をしてます。

今まではチケット売り場やフロアに出る仕事が多かったのですが、今回は売店と言うことで、映画館で働いているのかよくわからない感じです。
若干19歳の女性の人生の後輩に仕事を教えてもらうという経験は、まぁそこそこに新鮮なのでいいですが(笑)


しかし、勤務している映画館は郊外なのでありえないくらい暇です。
以前は、中心街の映画館だったので、それなりに忙しかったのですが、今回は真昼間でも、平気でお客さんがゼロになり、上映を取り止めることもしばしばです。
閑散期とは言え、日本の映画興行はどうなるんでしょう・・・。





と、近況はこのくらいに致しまして、本題です。
ここ最近、「本を読む」と行為から少し離れていましたが、今月は無性に書物を読みたいという衝動に駆られ、少しですが、本を読んだので1冊御紹介です。

別にこの作家さんが好き!
とかではなく、何でもいいから読もうと本屋さんに行った時に、たまたま今月の新刊の文庫の棚にあったので買って読んだだけです。


ですので、

「この作家さんらしい表現が・・・」とか
「いつものような作品らしさが・・・」とか
「他作品と比べて・・・」

みたいなことは書けない+文才はないので、よくわからない紹介になることは御理解ください・・・。








03052622.jpg


『あわせ鏡に飛び込んで』  著・井上夢人



以下10篇から構成されている短編集です。


◇「あなたをはなさない」 週刊ポスト(1992年9月4日号)
◇「ノックを待ちながら」 別冊小説現代(1992年6月増刊号)
◇「サンセット通りの天使」 IN☆POCKET(1994年7月号)
◇「空部屋あります」 小説すばる(1993年8月号)
◇「千載一遇」 オール讀物(1993年11月号)
◇「私は死なない」 海燕(1994年新年号)
◇「ジェイとアイとJI」 小説推理(1992年11月号)
◇「あわせ鏡に飛び込んで」 JIGPUZZ BOOKS(1992年)
◇「さよならの転送」 小説現代(1995年3月号)
◇「書かれなかった手紙」 アンソロジー『やっぱりミステリーが好き』(1990年6月)

巻末に、井上夢人氏と大沢在昌氏の特別対談を掲載。



一言で言うと『世にも奇妙な物語』を本で読んでいるような感じの短編集といえばいいでしょうか。

少し現実離れした設定を舞台に最後にヒヤリとしたり、とんでもない落とし穴が待ちうけるホラーぽい作品があったと思えば、2台のパソコンを互いに接続し会話させるというSFぽい話があったり、全篇悩み相談の手紙だけで構成された作品があったりと、ストーリーだけでなく見せ方にもかなりの創意工夫が見られました。

例えば、先ほど書いたみたいに全編手紙のやりとりだけで構成されていたり、主人公と相手の会話だけのストーリーがあったりと、見せ方の幅は、純粋にこれが作家と呼ばれる人の技量か、と感心しました。

短編ですので1話1話ストーリーが変わるのですが+書き方にも変化があったので読んでいて飽きませんでした。

これが全体の感想です。
なかなか思うことを文にできないのでこれでお許しを。。。




以下、僕が気に入った3作のストーリーを少しだけ・・・
御興味あれば、お読みください。



「あなたをはなさない」

自分に別れを告げようとする彼氏を瞬間接着剤でつなぎとめようとする彼女の話。
彼氏は仕事に行けない、外を歩けないとと彼女にまくし立てる。
彼女が次にとった行動はいかに?



「空部屋あります」

とあるアパートのとある部屋。
ここに住居を構えた住人はなぜか、突然に居なくなる。
その理由をこのアパートの大家である老婦人は、不思議がりながらも説明してくれる。
今日も、そのアパートには「空室あります」の貼り紙が・・・。
全編老婦人が話す説明だけで構成されたストーリー。



「書かれなかった手紙」

妻の様子がおかしい・・・夫は、助けを求める手紙を妻の恩師に送る。
夫は私の母を殺そうとしている・・・妻は、助けを求めて彼女の恩師に手紙を送る。

恩師は、両者との手紙のやり取りから、夫婦に起こったトラブルを解決に導く。
全編三者の手紙のやりとりで構成されたクライムミステリー。







続きを読む
posted by rai at 02:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

10月18日「情熱大陸」について

学生の時の話です。
日曜日の夜といえば、22時からTBSで「ウルルン滞在記」→「情熱大陸」→「世界遺産」を立て続けに見るのが決まりになっていました。
ある意味、1週間で一番贅沢なひと時だった気もします。

しかし今や「ウルルン滞在記」が終了し、「世界遺産」は夕方の時間帯に移ってしまいました。

何となく「情熱大陸」だけ見るのがつまらなくて、ずっと敬遠してきたのですが、先日18日、たまたまあちこちとチャンネルを変えていたときに「情熱大陸」の放送をしていました。


でそのときに、取り上げられていたのが・・・



幅允孝(はば よしたか)さん。
肩書きは・・・『ブックディレクター』

初めは編集者の人かな?と思っていたのですが、よくよく見てみると実は違う。
彼は「本のソムリエ」または「本棚編集者」なのです。


彼の仕事は、コンセプトやテーマにそって本を選び、本棚にレイアウトすること。
お店はもとより、病院、ホテルなどのギャラリーやブックコーナーにテーマに沿った本を集めて、それをいかにお客さんの手にとってもらえるようにレイアウトするかを考えるお仕事のようです。

本を作るのでもなく、売るのでもなく。
でも本を仕事にしている人なのですね。



放送を見て、思ったのはとにかく本に関する知識がすごい!
御自宅も映っていましたが、本棚は本だらけで、5000冊は所有されているそうです。
絵本から、雑誌、漫画まで、気にいったものは残す主義らしいのですが、選り好みして本を読む僕とは大違いだなと痛感しました(笑)






で、なぜ今回この記事を書いたかというと、放送を見て一個目からウロコが落ちた、感動したことがあったのです。



彼が放送中最後に3冊の本を紹介してくれました。
その中の1冊に「就職しないで生きるには」という本がありました。


彼が解説するには、


「仕事をせずにどうやって生きて行くのか」、ということではなく、


「今していることを、どうやって仕事にするか」ということを書いている本だそうです。



はじめ本棚をレイアウトすることが仕事になるのか?と思いました。純粋に・・・。
誰も他にしてる人はいないでしょう。
でも彼はそれを仕事にしたんですね。

その本は彼らしいチョイスと思いました。



何か就職活動とかしていたときのことを思い出して、こういった考え方にもう少し早く会ってれば、ほんの少し、自分の未来の方向も変わったような気がしました。



「今していることを仕事に」

未来が無限に広がりそうな言葉です。










詳しくはこちらをどうぞ。続きを読む
posted by rai at 11:15| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

大阪の鉄道事情

何のことはない、大阪のお話です。
超地元の話です。
この過疎ブログに迷い込んだ方、無視するか、もし最後まで見られるなら「へぇ〜」程度に見てください。
たいした話ではないです。
話のネタに書いてみるだけなので・・・。


僕も大阪に住んではいるもの少し縁遠い話にはなりますが、ニュースらしいことから言えば、明日10月19日に京阪電車中之島線が開通します。

関西にお住まいの方はテレビや何かで報道されていると思いますが、

                                 |
                               京橋駅
                                 |
中之島駅渡辺橋駅大江橋駅なにわ橋駅−天満橋駅
                                 |
                        淀屋橋駅−北浜駅

赤字が今回の新駅。黒字は従来既存の京阪電車ルート。


の以下4駅が新駅として誕生し、天満橋から中之島までを東西に結びます。

詳しくはこちらをどうぞ。


で、中之島って何?と思われた方、おられると思います。
中之島は島です。
梅田のすぐ南側にあります。
その島に紹介した4駅ともあります。



中之島は、大阪のど真ん中にある割には公園もあり、緑もあって、のんびり出来るところです。
文化的にも大阪市立美術館、国立国際美術館(昔、ゴッホ展とかしてました)、中央公会堂があり、他にも日本銀行大阪支店とか、音楽好きな方はご存知でしょうか、フェスティバルホール何かもあります。

クリスマスシーズンには大阪市役所周辺はライトアップをはじめ、光の芸術なんかもあり、多くの人で賑わいます。

すぐ近くの淀屋橋まで足を伸ばすと5月にできたばかりの淀屋橋odonaという商業施設なんかもあります。


大阪は人が多くて、ごちゃごちゃしてるイメージもあると思います。中之島も周辺を高層ビル群やオフィス街に囲まれてはいますが、梅田やミナミなんかと少し違って落ち着いた雰囲気があります。

これを機に、ぶらっと訪れてみてはいかがでしょうか?




で、まだ終わりではなくて、続く平成21年3月20日(予定)には阪神なんば線が開通します。
まだ少し先のことです。

阪神西九条−九条ドーム前桜川−近鉄なんば


青字が新線の新駅。


同じく、西九条からなんばまで東西に貫きます。
昔、会社勤めをしているときは、工事現場の近くをよく通りましたが、現場を見てる限り地下を走るようです。

中之島のように、何があるってわけではないですけど、京セラドームへ行ったり、神戸方面に出るには便利になるのでしょうか?


詳しくはこちらをどうぞ。




で、最後は何かと話題の梅田北ヤード(梅田貨物駅)。
大阪市営地下鉄「西梅田」駅から阪急「十三」駅を結ぶ新ルートが早ければ2015年春を目処に開業を目指すとのこと。

そのまま新大阪までいくんじゃね?
との声もあるようですが、どうなるでしょう?


ともあれ、かなり大阪中心部に力のはいった開通が続きますね。
大阪郊外に住むものとしては、郊外にも少し力を入れてほしいと思います。
しかし、最近大阪を訪れる外国人旅行者がかなり多くなっているのも事実です。道頓堀や心斎橋、日本橋、通天閣周辺の新世界はアジア系の外国人旅行者がかなり目立ちます。
奈良や京都を周るりさえすればいい・・・というものではなくなってきているのですね。
その点考慮すると鉄道網の充実やそれに伴う開発は良いのかもしれません。


関西の文化を世界に発信するいい機会ではないでしょか??



以上、今後の大阪の鉄道事情?鉄道走行予定?でした。
posted by rai at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

『レッドクリフ』





レッドクリフ PART@』  2008年11月1日公開


監督:ジョン・ウー
出演:トニー・レオン/金城 武/チャン・フォンイー




前回に続いて今回も映画のことです。
同じような記事が続いてすみません・・・。

とにもかくにも今、一番の大作・・・と思ったので紹介記事を書こうと思います。



では『レッドクリフ』って何の映画ですか?
という方向けに言うと、ぶっちゃけ「三国志」です。
「三国志」のなかでも歴史に残る大激戦“赤壁の戦い”を描いた映画です。


じゃあ「三国志」って何?
ということになるのですが、恐らく少しは知ってると思います。
日本でもシミュレーションゲームなんかで人気ですので。

舞台は今から去ること1800年ほど前の中国。
王朝は“漢”。
その“漢”が崩壊すると、各地の諸侯は我こそはと立ち上がり、中国は群雄割拠の時代に入ります。

やがて曹操が支配する「魏」、劉備が率いる「蜀」、孫権が治める「呉」の三国が有力になり、天下を争うことになります。

「三国志」は“漢”王朝の崩壊から、三国統治を経て、やがて魏が中華を統一していくサマを描いたものなんですね。


御興味あれば著・吉川英治の三国志全8巻が講談社から出てますのでぜひどうぞ。




で、今作の映画のストーリーですが、


天下統一という野望に燃える<曹操>は80万の兵力を使い、怒涛のごとく敵国を攻めていました。
誰もがその勢力に圧倒されたとき、立ち上がった二人の男。

一人は、劉備軍の若き天才軍師<諸葛孔明>。
もう一人は孫権軍の知将<周瑜>。

二人は、その巨大な勢力に立ち向かうため、連合軍を結成する。
しかしながら、その数・・・わずかに6万。

兵力で劣る連合軍は、知略と奇策によって戦いに挑んでいく。
だが、<曹操>の野望の裏には、一人の<女>への秘められた目的があった…。

張り巡らされる策略の数々、それを支える兵士たち。
国のため、友のため、そして愛する人たちのため…。
大河長江を紅く染める、決戦の火蓋が切って落とされる!!


ってところです。



最近の歴史物で「レッドクリフ」に近いのだと、見た覚えがあるのは「墨攻」だったかな。
あれは大当たりはしなかった気もするけど、歴史物ってはっきりと好みで分かれてしまう分野の映画と言っていいでしょうね。
僕は歴史物好きなんですけど・・・「キングダム・オブ・へブン」とか「アレキサンダー」とか。

背景がわからないとか、登場人物が多くて複雑とか理由は色々、とっつきにくいのもわかります。



「レッドクリフ」みたいにエキストラ1000人、馬200頭を使った大迫力の合戦シーン、制作費は監督ジョン・ウーも一部私費を投じた100億円になった・・・すごい大作なのはよくわかるけど、歴史はよくわからない、って拒絶してしまうのもわかります。


でもですね、過去にも目をむけて欲しいと思います。
元歴史研究者のタマゴとしては。
そういった過去があって、現代が現代としてあるってことを知って欲しく思います。

ともあれ僕もまだ見てないので、見れば、歴史が苦手と言う人にもなるべくわかる形で紹介していと思います。


すいません、堅苦しい記事でした。
今回は紹介までです。


では。
posted by rai at 23:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

「容疑者Xの献身」


無題kokoko.bmp


容疑者Xの献身


原作:東野圭吾「容疑者Xの献身」(文藝春秋刊)
監督:西谷弘
出演:福山雅治/柴咲コウ/北村一輝/松雪泰子/堤真一



ども。
「容疑者Xの献身」(以下「容疑者」で)見てきました。


何それ?という方に基本情報を・・・。


「容疑者」は福山雅治演じる天才物理学者・湯川学が警察も手を焼く難事件を持ち前の頭脳と実験による実証から解決する大ヒットドラマ「ガリレオ」の待望の映画化です。
原作は著者・東野圭吾の「探偵ガリレオ」シリーズ初の長編であり、直木賞受賞作でもあります。



で、どんな話しなの?という方に、少しストーリーを・・・。



顔がつぶされ、指紋を焼かれた絞殺死体が発見された。
女性刑事・内海(柴咲コウ)と先輩刑事の・草薙(北村一輝)は捜査に乗り出し、被害者の別れた妻・花岡靖子(松雪泰子)に疑いをもつ。

しかし、靖子には鉄壁のアリバイがあった。
なぜなら靖子の隣人・石神(堤真一)が、彼女のため事件の隠蔽に手を貸したからである。

事件の相談を持ちかけられた湯川(福山雅治)は、事件のウラに石神がいるのではないかと推理する……。

湯川と石神・・・大学時代の友人同士であり、湯川は物理学者として石神は数学者として共に認め合う二人。

盲点、ブラフ、天才数学者・石神が仕掛けた難問に“ガリレオ”が挑む!!


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

感想ですが、純粋に良かったです。
お金を払って見れる作品です。
ドラマや原作のこと全く知らない人も1つの「ミステリー作品」として充分楽しめるはずです。


全然意味がわからない!混乱してきた!!
というような難解な話ではなく、解説もきちんとされますし、非常にシンプルな内容になっていると思いました。


というのも原作「容疑者Xの献身」も直木賞受賞作であるだけあり、ミステリー作品としての評価も高いと思うのですが、今作はその原作をかなり忠実に再現しているので、話しの幹の部分がしっかりしていた感じです。


石神が仕組んだトリックや計画がどのようなものだったのか?を含めてタイトルの「献身」の意味が最後にわかります。


映画でおもしろいと思われた方は、ぜひガリレオシリーズ「探偵ガリレオ」「予知夢」も読んでください。


では。
posted by rai at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。