2008年04月25日

08年劇場版・名探偵コナン総評

19日公開『名探偵コナン 戦慄の楽譜』を観てきました。
『水平線上の陰謀』から4作連続の劇場鑑賞となり、もはや毎年の恒例行事化してきた感もありますが(笑)

以下今作の総評をします。
ネタバレは御了承を!


まず、ストーリー等の紹介は僕の記事から→こちら
前作等に興味があればこちら→こちら
今作の見どころ、コナン関連記事はRachelsさんの記事を→こちら




記事は「続きを読む」から





続きを読む
posted by rai at 02:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

「少女」と「老女」

327993view003.jpg


『少林少女』 4月26日公開


監督:本広克行
出演:柴咲コウ/仲村トオル/岡村隆史



祖父の少林拳道場を継ぐため、中国にある「少林拳武術学校」へ修行に出ていた凛。
しかし3000日の厳しい修行に耐えて日本に帰ると、道場はつぶれ兄弟子たちは辞めてしまっていた。

何とか独りで少林拳を広めようと奮闘する凛は、類まれなる身体能力を持つがゆえに、ひょんなことから大学のラクロス部の助っ人に!! チームは勝ち進み、仲間と道場再建に向け着々と準備が進む中、凛の後を追う黒い影が……。


公式サイト→こちら






shaolin_210.jpg


『少林老女』 5月24日公開


監督:寺内康太郎
出演:浅見千代子/長澤奈央/仙波和之/上島竜平



人里離れた山奥にある「少林寺」。
ここで門下生と共に修行を営んでいる“少林老女”こと美代子はある日、“一本足”と名乗る武術の使い手に敗れ、少林寺を奪われてしまう。
都会に追いやられ、ショー芸人としての生活を余儀なくされた美代子だったが、彼女は今までの人生で味わったことのない「人並みの生活」にどっぷりと酔いしれてしまう…。

恋に溺れ、幸せを掴んだ美代子。
しかしその前に、彼女には果たさなくてはならない闘いが…。
一度は「闘争心」を失いかけた彼女に“一本足”への勝ち目はあるのか?!
そして少林寺を取り戻すことはできるのか?!


公式サイト→こちら



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


『少林少女』には実はあんまり興味がなかったのですが、『少林老女』には少々興味ありです(笑)

初めて『老女』の存在を知った時は衝撃的でした。
主演は、『ダウンタウンのガキのつかい〜』でお馴染みのキスするオバちゃんです。
もうそれだけで面白そうです♪











posted by rai at 10:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」 DVD発売

昨年、僕が会社員をしていたときなんですが、オタクさんのメッカとも言うべき大阪・日本橋でよく外回りをしていました。
そして昨年の日本橋といえば、言うまでもなく『エヴァ』一色に染まっていたわけです。



なぜか??


それは4部作劇場版エヴァの第1作目が昨年の夏に公開されたからです。
僕はというと、劇場で・・・と思いつつ、公開劇場が近隣になかったために見逃してしまいましたが。。。


『エヴァ』といえば僕世代の人ならば大半は知っているでしょうが、社会現象にもなった超人気アニメで、クラスの男子は集まってはエヴァエヴァと話題にしてました。
当時僕はというと中学生でしたが、実は・・・全然観てませんでした。(後に全作観た挙句、今でもパチンコでお世話になってますが(笑))



さてその昨年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』のDVD発売が間近となったわけですが、今回の劇場版。。。ストーリーが微妙に違うと・・・そして最終的な結末も従来の物と異なると言う噂も飛び交っているのです。


観てない人も、TV版のみ観たという人も必ず「おもしろい」ということ間違いなし!
ぜひ、レンタルでもいいのでどうぞ♪



《劇場版見どころ》↓


1995年からテレビで放映され、社会現象にまでなった「新世紀エヴァンゲリオン」から12年。
新たなファンのために作られる、劇場版全4部作の第1部。
アニメ版第6話「決戦・第3新東京市」の“ヤシマ作戦”をスケールアップさせた意欲作。
庵野秀明が総監督を務め、『日本沈没』の樋口真嗣監督が作画コンテ、主題歌を宇多田ヒカルが担当。
最先端のデジタル技術が繰り出す映像は圧巻。




《ストーリー》↓

世界を壊滅状態へと導いた「セカンド・インパクト」から15年後。
14歳の碇シンジは、特務機関NERV(ネルフ)の最高司令官で父親でもある碇ゲンドウから、謎の巨大生物“使徒”と戦う人造人間エヴァンゲリオンのパイロットに任命される。
使徒との戦いが困難を極める中、地球存続のための任務を背負う彼らは、ある国家規模の作戦を実行に移すことになる。








4_82070.jpg

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 特装版 <初回限定生産>

《発売日》2008年4月25日発売 
《価格(税込)》¥5,985
《発売元》キングレコード



<封入特典>

解説ブックレット(特装版用)
劇場上映生フィルムコマ封入

<特典内容>

本編ディスク:

新劇場版特報&予告編
アフレコ台本収録

特典ディスク:

Explanation of EVANGELION:1.01(テロップ入り本編/ファンにはお馴染みの、シーン解説テロップ入り本編を新作。)

Rebuild of EVANGELION:1.01(ノーカットCG集&CGメイキング映像/ヱヴァ新劇場版の特徴となったCG映像。上映フィルムでは編集されていたカットの全貌と、その制作過程をお見せします。)

Angel of Doom PV (音楽・鷺巣詩郎による「ヤシマ作戦」クライマックス楽曲のヱヴァ映像PV。)




sonicmart_00000760882.jpg

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 通常版

《発売日》2008年5月21日発売
《価格(税込)》¥4,935
《発売元》キングレコード



<映像特典>

新劇場版特報&予告編
アフレコ台本収録

<封入特典>

解説ブックレット(通常版用)














posted by rai at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD・ビデオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

−THE マイランキング−

最近、昔・・・といっても子供の時に見ていたアニメの映画版を観るのにハマっています(笑)

ここ最近は『ドラえもん』の劇場版を軒並み観ていました。
こう、いい大人になってから観ると、新たな面白みも感じることが出来、新鮮です。

当時わからなかった、細かい部分まで理解できるというか、深みを感じれますね。


さて、今回は僕が独断と偏見で決めた「マイ・ランキング」を作ってみました。

ランキング内容は、近日今回のあのシリーズです(笑)







続きを読む
posted by rai at 21:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

エイプリル

早いもので4月です。
せっかくのエイプリルフールなのに大した嘘もつかずに終わってしまいました・・・。
せっかく用意していたとっておきのジョークがあったのに残念です。。。
まぁ来年に持ち越しましょう♪



さて、さっきmixi見ていたんですが、『踊る大捜査線3』の制作が前作から5年ぶりに決まったそうですね。
ここ最近は、真下と室井を中心にしたいわゆるスピンオフがメインでしたがついに、本丸の登場といったところですね。

前作が東宝配給史上、最高興行収入を叩き出したわけですから次作も満を持しての登場でしょう。
このシリーズはもはやドル箱ですしね。

見どころは、故いかりや長介さんが演じた和久刑事をどうするか?
でしょう。
ここぞ、というシーンできちんと締めてくれる貴重な存在であったために気になります。

キャスティングとともに楽しみです♪
まぁ、とりあえず、今月19日の『名探偵コナン』を楽しみにしてます。続きを読む
posted by rai at 00:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。