2006年03月31日

プロ野球 セ・リーグ開幕!

20060331-04355848-jijp-spo-thum-001.jpg


WBCでの優勝でわいた野球界ですが、いよいよ今日セ・リーグが開幕しました!

連覇を目指す我等が阪神タイガースですが、開幕戦を白星では飾れませんでした・・・。
まぁ、ここはヤクルト、古田プレーイングマネージャーの初陣に花をもたせたということでね☆

一方、巨人は5年ぶりに開幕戦を勝利したようです。
しかも、圧勝。
投打にわたって、大きく補強した巨人だが幸先は良さそうなので、阪神ファンにとっては、ちょっと不安だ(泣)

個人的にお気に入りの球団、広島。
個人的に、あんまり好きではない球団、中日に勝利!
なんか少し嬉しい(笑)

今年は、どこが優勝するのかなぁ。


3月31日のセ・リーグの結果

ヤクルト 4−3 阪神
巨人  12−2 横浜
広島   2−0 中日
posted by rai at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

マニア必見!映画検定

P2006022400186.jpg


映画雑誌「キネマ旬報」を発行するキネマ旬報社の試み、その名も映画検定。

レベルは1級から4級まで。
4級は90年代以降の作品を中心にした、基礎知識を問う映画ファン入門コースになっている。
具体的には映画史では欠かすことのできない古典や、監督、俳優、簡単な映画用語を含むようだ。

1級に至っては、映画史、映画用語、興行関連など映画周辺の知識についてもより深いレベルを要求される映画玄人コース。
まさにマニア向けといった感じ。

第1回の試験は4級から2級までで、1級は2回目以降、2級合格者のみ受験資格があるというものになっているようだ。
結構、検定として本格的なものになっている。

主催のキネマ旬報社曰く
「映画の楽しみ方は人それぞれ。この検定が、映画ファンがさらに映画を好きになるきっかけになれば」
らしい。

映画が好きな僕も少し、興味のある話です。
実際、受けてみたいとも思います。
映画業界の活性化になれば僕も嬉しく思います。


ちなみに2006年の映画検定試験日(2級から4級)は、6月25日(日)

申し込みはこちらからできるようです。
posted by rai at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

本当を見つけるために

marlboro.gif


最近このことに関連したことをよく口にするし、ブログやmixiなどにもよく書きます。

さて、ではそれが何のことか?

それは皆さんもご存知の“Marlboro”という煙草のことです。
そもそも、この“Marlboro”ってどういう意味かは知っていますか?

“Man always remember love because of romance only.”
それぞれの頭文字を一字ずつとって“Marlboro”になります。
これを訳すと
「人は本当の恋を見つけるために恋をする」

だから?
と聞かれたらそれまでなのですが、とある人からこのことを聞かされました。

僕が就職活動にいき詰まり、何をしていいのか、何を職にしていいのかわからずにいたときです。
その人、僕が就職活動で苦しんでいるのを知っていたのかどうかは定かではないですが、ある日、この話をしてくれました。

多分、僕も本当にやりたいことを見つけるために、色々なところに出向いたり選考受けたりするのでしょう?
もし、就職活動がうまくいかなかったとしても、それは長い人生の学生時代という一瞬の期間の中でうまく良い企業に巡りあわなかっただけかもしれません。

いつか「本当のもの」にめぐり合えることを信じて、明日も僕は出かけます!!
posted by rai at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

球春到来!

scoreboard.jpg



春の選抜高校野球が先日から、プロ野球も昨日から始まりました。
暦の上ではとうに春。
日付もじきに4月。
まさに『球春』ですね。

高校野球は最南端からの出場「八重山商工」や「駒大苫小牧」が不祥事で急遽欠場があるなど色々と話題も豊富。
暇があれば一度、甲子園にも足を運びたいなと思っています。

WBC優勝で沸く野球界。
ソフトバンクの王監督や松中選手、川崎選手、8人も選手をWBCに送り込んだロッテは正直、疲れもあるでしょう。

しかし、清原選手、中村選手の獲得で活気付くオリックス、野村楽天などパ・リーグは盛り上がりそうです☆

今年はどんなドラマがあるのでしょうか?

posted by rai at 09:26| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

映画紹介 14

narnia.jpg

「ナルニア国物語 ―第1章 ライオンと魔女―」
おすすめ度 映画 映画 映画 映画 映画 映画 映画 映画(8)



最盛期が終わりつつあるみたいなので、ふらっと観てしまいました。
正直なところ、僕の2006年の期待作第一弾ですが、さぁどうでしょうか?(以下、結構ネタばれですので気をつけてください!)


『衣装ダンスの向こうは、神秘の国―ナルニア―が広がっていた』


感想を言ってしまえば、「ロード・オブ・ザ・リング」みたいな感じでした。
まぁ、「ロード・オブ―」よりはファンタジー的な要素が強いイメージがして、僕はあまり受け入れがたい部分もありました。

主役の4人が魔女と戦う意味という部分が安易な感じがしたし、アスランの復活なんかも、正直なかったです。

『その国は春を奪われ、100年の冬に凍えていた』



良かった部分はCG技術。
特に動物はすごく躍動感があってすごかったです。
まさに映像美ですね。
アスランの毛の一本一本のリアルな感じ、ビーバーのリアクションなんかもかわいらしくて良かった。
個人的にはケンタウルスみたいな騎士がお気に入りです。

とりあえず、続編があるみたいなので、評価しずらい部分がありますが、戦闘シーンも迫力あったし、観て損はしない作品だと思います。
posted by rai at 22:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。